女性の起業

転職したい女性必見!40代でも資格を生かして会社員を卒業を成功できる話。

 

こんにちは!
40歳からの女性と働くママのための
起業コンサルタント 清水きよ美です。

私は正規の準公務員という安定高収入の働き方を、子育て仕事の両立しながら22年勤務した後

40代に突入した2021年12月に卒業。資格を生かした働き方を手にして起業をしました。

女性で事務職の経験しかない私が起業して9ヶ月。
会社員のときの年収はまだ達成できていませんが
毎月のお給料は変わらず手にすることができています。

もちろん!スルッと上手くいったわけではなく
私にも失敗した経験があります。

資格を取得すれば上手くいく。収入に繋がると思っていたけれど、いくら資格に投資してもまったく上手くいきませんでした。

そんな私だからこそ
今は過去の経験を生かし、好きなことを仕事に転職や副業・起業を目指す女性の時間もお金も無駄にしない方法を悩みに寄り添い自信をもって伝えています。

 

現在は、資格を生かしてステージを上げたい
女性の事業をトータルプロデュースする
MY BRAND継続コンサルティング
メインサービスとしてお客様のフェーズに合わせたサービスを展開しています。

 

こちらの記事では、40代の私が取得した資格を生かして、会社員を卒業できるまでを年代別にお話したいと思います。

20代の時に取得した資格で上手くいかなかった過去の話

30代ママになって変化した働き方と成功するために手にした3つの鍵

40代を目前に取得した資格を生かして会社員を卒業を成功できた話

 

きよ美

これから資格を取得し転職や起業をしようと考えている方と、既に資格を取得したけれど上手くいかないと悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

20代:憧れの趣味から取得した資格で上手くいかなかった話

憧れと現実とのギャップ。いくら資格を取得しても自分に自信がなかった過去

私が20代で最初に取得したのはプリザーブドフラワーのディプロマ資格でした。

お花が好きだったこともあり、趣味からレッスンに続けて通ううちに、私も憧れの先生のように自宅をサロンにしてレッスンできたらいいなと考え資格を取得しました。

無事に資格を取得したものの

自分の腕に自信がなくサービスを1人で展開するなんて全く無理な状態でした!

・もっとうまくならなきゃ!
・私にはスキルが足りない
・お客様に提供するにはまだ自信がない

そんな理由でスキルアップ受講のためにお給料を次々に投資しました。

・自信がないからサービスは先生のコピペ
・友達への低価格でのレッスン
・紹介からの体験レッスンや制作

投資した分だけでも稼ぎたい。

そんな想いには程遠く、サービス単価が低いことから利益を出すために材料費を抑えても、材料費以外の準備にかかる費用もあり、結果して収入と言えるほどの結果はありませんでした。

在庫が増えるだけで利益にならないといった夢と現実とのギャップに更に自分に自信を持てなくなってしまいました。

 

夢見た憧れの未来は、華々しくレッスンするだけではなく

「在庫管理」と「レッスン準備」「経費を含めたサービスを考える」といった

好きなことを仕事にする「表側」だけでなく「裏側」がある。

それを踏まえて「私が本当にやりたかったのは?」何かを気づくことができました。


私にとってお花は趣味であり、仕事にできるほどのエネルギーを出せないと気づき、給料の多くを投資しましたがサロンの夢を叶えることは出来ませんでした。

きよ美
趣味と仕事は違いました。貴女は資格を趣味としたいですか?お仕事にして稼ぎたいですか?資格を取得する前に考えてみるといいですね!

 

30代:経験から分かった!成功するために必要な3つの鍵

30代になり子どもを2人出産したことで、いったん夢の実現はストップ会社員として働きました。

子育てと仕事の両立の中で考えた「ママになった私の新しい働き方」

私は再度「会社員以外の働き方(転職や起業)」を叶えるために資格を取得しました。

ここでは、過去の経験があったからこそ失敗しなかった「私が成功できた3つの鍵」をご紹介させていただきます!

 

成功への鍵1|プライオリティを決める

在庫を抱えない・場所を選ばない・家族との時間を大切にできる

私が次の資格を選んだ理由は、絶対に譲れない条件を満たすものであると常に意識したことで

無理なく好きなことを好きな時にできる働き方を確立できました!

 

成功への鍵2|本当になりたい自分を見つける

次に取得した資格は、女性に新しい働き方と生き方をご提案するワークライフスタイリストという資格。プリザーブドフラワーの資格とは違う働き方になりますが、女性のライフスタイルを豊かに幸せを感じるための価値を届けるという思いは同じ。

プリザーブドフラワーの時と同じ、初めは自信がなかった私も裏側のことも全部にエネルギーを出して夢中になりました。本当にやりたかった働き方を見つけ、なりたい自分になるために行動することができました!

貴女はどうして資格を取得するのでしょうか?またはどうしてその資格を取得したのでしょうか?

人気だから・国家資格だから・低単価で簡単に取得できそうだったから・40代でもできそうだったから・転職のために…

資格を取得すれば「できること」は手に入りますが、その働き方は貴女が本当になりたい自分なのかと何度も問いかけてみると良いと思います。そのゴールは転職ですか?起業でしょうか?

きよ美
ここを無理すると続きませんから、お金を稼ぐために無理して働くことになってしまいますよね?

成功への鍵3|サービスを届けるお客様を考えること

資格取得の目的が、趣味ではなく転職や起業をした先の「仕事」にしたいと考えている方であれば、サービスを届けるお客様がリアルに想像できていなければ売上につながりません。

これが私の過去上手くいかなかった大きな理由。
プリザーブドフラワーの資格を取得した時は、できることを提供して売り上げるということを必死に考えていた気がします。お客様は誰でも良かった。

でも、違いました!

お花を求めるお客様一人一人の気持ちを考え、私の提供するサービスが、お客様の気持ちを満たすことができた先に「ありがとう」とお金と交換するという仕組みに気づいた時

私のサービスもパフォーマンスも変化し楽しく働いて売上がグンッと上がりました!

きよ美
モニター価格の0円から体験レッスン3,300円→5,500円→8,800円→88,000円→125,000円→250,000円→給料以上へサービスも価格も変化していきました!

 

40代目前で取得した資格で成功できた理由

ママになったからこそプライオリティが明確になった!

結婚してママになったことで無条件で守るべきものができました!そのため私の「働き方」に求めるプライオリティが大きく変化し明確になりました。

貴女はこれからの未来に何を求めていますか?

・40代からの女性として「人生をどう生きていきたいか」
・40代からの女性として「どうありたいか」
・40代からの女性として「働くことがどうありたいか」

以前の私は、こんなこと考えることはなくただ資格を取得して憧れの先生のようになりたい!という気持ちだけでした。

一方で、ママになった今の私は
・40代からの私の一度の人生を「最期に後悔しないように生きていきたい」
・40代からの女性として「老いていくのではなく、輝きを増していきたい」
・40代からの女性として「働くことが人のためになる社会貢献でありたい」

乳がん検診で「疑い要再検査」の通知を受け取ったことがきっかけに「命の期限」をリアルに感じ後悔しない生き方をすると決意しました。

その想いを叶えるために40代を目前に資格を取得し。その資格を生かして会社員を卒業して転職ではなくフリーランスになりました!

きよ美
転職も考えました!ビズリーチリクナビハローワーク名古屋市総合就職相談資格のユーキャンも検索しました。
40代からの転職を考えるならビズリーチがオススメ。ママなら地域の職業相談窓口へまず行って相談すると希望を叶えやすいと思いましたよ!

 

家族みんなが豊かで幸せになる資格

資格を生かして未来の成功を手にしていきたい

40代からの人生を変えていきたい。好きなことを仕事に転職・起業したい

それって一時的なことではないですよね?誰でも失敗したくないし、ずっと幸せに過ごしていきたいと考えていると思います。

その想いを叶えるためにも、まずは貴女がどんな未来を手に入れたいのかということから、ワクワク楽しくなる選択肢で考えてみると
手にしたい資格も変わると思いますし、楽しんで資格を生かした働き方で成功していけるのではないでしょうか?

パソコン1つで叶える私らしい働き方

私が求めた働き方は「在庫を抱えない・場所を選ばない・家族との時間を大切にできる」
パソコン1つで叶える好きなことを仕事に私らしく働くフリーランスを選びました!

フリーランスはママにはピッタリの働き方です!

また「40代になってから私は会社員としてこのまま定年まで働くのか?」と未来の働き方を考えたことも起業を選んだきっかけです。

事務職でしたから、年下の後輩が上司になり、慕っていた上司も退職していく中で「このまま働くことが本当に私の幸せなのか」と迷いました。40代ではもう遅い?いいえ、そんなことありません!
人生100年時代と言われる中で40代はまだ若者ですから(笑)

40代で次の働き方へ進む新しいライフスタイルはこれまで積み重ねてきた経験を生かせばとても強い武器になります!

きよ美
私はフリーランスを選びました。理由は転職では結局組織に属した同じ働き方になると思ったからです。会社は好きでしたし会社員として働いたことは私にとって楽しい経験でよい思い出です。決して「会社員より起業・フリーランス」を勧めてはいませんよ。

私自身も、準公務員として働いてきた経験を存分に生かして働いています。

現在は、資格を生かしてステージを上げたい
女性の事業をトータルプロデュースする
MY BRAND継続コンサルティング
メインサービスとしてお客様のフェーズに合わせたサービスを展開しています。

 

まとめ

「まずは資格」「手に職」と動く前に!

女性が資格を取得する時や、転職を考える時に「まずは資格」という言葉をクライアント様からもよく聞きます。

若い方はまだ経験が少なく自信がないから「肩書」を持ちたいと資格を取得しようと考える方が多いですし、年齢を重ねると事務職の経験しかなく「手に職がない」と資格を取得しよう考える方が多いです。

資格を取得すれば上手くいく。稼げる。すぐに収入を手にできると考える人が多いですが
皆さんは「資格を取得した先の未来をどれだけ具体的に楽しく想像し計画できているでしょうか?」

なかなか初めから明確な答えを出すことは難しいと思います!上手くいかない理由の殆どはここにあります!

低価格な資格が増えているからこそ申込みへのハードルも低く簡単に上手くいくように見えるものもあるように感じますので、まずはしっかりと説明を読んだり事前に問い合わせると良いかと思います。

きよ美
既にその資格を取得し活躍されている方の話を聞いてみるのもオススメです!

 

資格を取得を収入に繋げるために必要なスキルも身につけよう!

資格を取得すれば上手くいく。収入に繋がる。私はそう考えていましたがそこが甘い考えでした。

資格を取得した後のフォローがない

資格を取得しても自信がない

一人で上手く行動できない

お客様からのクレームが怖い

SNS集客やブログのスキルがない

機械が苦手

集客の方法が分からない

オリジナルコンテンツをつくれない

 

現在、私のクライアントさんからのお悩みも、過去の私とほとんど同じです!
私はそこをサポートし皆さんが資格取得後に求める結果に繋がるサポートをしています。

 

「成功プラン」を考えてみよう♡

会社員を辞めたいのに辞められない一番の理由は「収入の不安」ですよね?

40代になってからの「転職」で検索した時に「40代」という項目すらなかったことに驚きました!

私も安定安心の準公務員という働き方を手放す決断は本当に怖くて不安でしたが、起業して本当に良かったと思っています。40代でも働く選択肢は無限にあるということも分かりました!

私が40代からでも起業できたのは資格を取得したからです。

普通のOLで子育てと仕事の両立を必死に頑張っていたただの会社員から、40代からでも資格を生かせば何歳からでも「好きなことを仕事に新しい働き方」をスタートできます。

初めての起業でここまでの結果を出すことができた理由は「準備」だと思っています。

・40歳からでも働き方を変えられる
・子育てと仕事の両立しながらでもできる
・会社員しながら準備をはじめる

女性の働き方はライフイベントに合わせて何度も変わるからこそ、一度の人生に後悔することなく、自分の秘めている可能性を最大限に生かして多くの女性に理想のワークスタイルを手に入れて欲しいと心から願い私はそのサポートをする活動をしています。

貴女も一緒に理想の働き方を手にしていきましょう!

 

MY BRANDは個別面談開催中です!

女性起業

詳しくはコチラ

 

 

 

メルマガ・LINE登録はこちら


最新情報、先行案内はメルマガにて配信しています。 是非ご登録ください♡

メルマガ登録はこちら



ご質問、お問い合わせは、公式LINEアカウントからお気軽にご連絡ください。

公式LINEお友だち追加



  • この記事を書いた人

清水きよ美(起業コンサル&プロデュース)

40歳からの女性とママのための「私らしい働き方」を叶えるための情報を配信中。 ママになってからの働き方、40歳からの女性の生き方を考える貴女のお気持ちを聞かせていただいています 第一希望で就職した準公務員という働き方から起業コンサルタントへ。
新しい働き方を目指す女性の一歩とその先をサポートしています。

◆名古屋市在住
◆夫・中1長女・小5息子
◆準公務員22年勤務、40歳で起業
◆講師・コンサル・女性起業家プロデュース
◆好きなこと:バレーボール・ヨガ・フラワー・アロマ

-女性の起業
-, , , , , ,

Copyright© kiyomishimizu , 2022 All Rights Reserved.