女性の起業

【働くママ向け】「ママだから無理」のリミッターをスルッと外す方法

リミッターを外して「私」を越えていく

きよ美
働くママのためのパーソナルコンサルタント
MY BRAND 清水きよ美です。

皆さんは、ママになってから、働き方や生き方に迷うことはありませんか?私は、30歳でママになってからずっと「ママの働き方」に悩んできました。子育てと仕事の両立に限界を感じながらも、子どもの将来のためにと働くことを、「ママだから」と、自分を言い訳にしていた気がします。

私は2020年12月。会社員を卒業して「好きなことを仕事にしておうちで働くフリーランス」になりました。「ママだから無理」というリミッターを外し、安定・固定のお給料を手放した私が手に入れたのは家族との時間と私の時間。そして、我慢料と言っていたお給料から、好きなことを仕事に働いて手にする「収入」に変わりました。現在は自身の経験を生かし「ママでも好きを仕事にすることができた方法」をパソコン1つ、お家で働くフリーランススタイルの始め方と進め方をお伝えしています。

こちらの記事では「働くママのリミッターをスルっと外して好きを仕事にするための3つのポイント」についてお話していきたいと思います。

1:リミッターは自分が作り出した幻想

そもそも、リミッターとはどんなものだと思いますか?「限界」「制限」というイメージがあると思います。では、その限界や制限はいつ誰がどのようにして決めていると思いますか?

そうです!自分の中にあるリミッターは自分自身が作り出したものなんです

今の自分やライフスタイルに満足できていない人の多くは、無意識に自分にリミッターと限界や制限をかけています。「私達はまだまだできる可能性を持っています!」まずはその思い込みを外していきましょう!

コンサル生さん
ママの私のリミッターとは?

ママのリミッター
・ママの私には時間がないから無理
・ママになった私が好きなことするなんて無理
・家庭のためにお金のために多少我慢して働くのは当たり前

コンサル生さん
大人年齢女性のリミッターとは?

年齢のリミッター
・こんな年齢から始められることなんてないよね?
・もう若くないから無理だよね
・ただの事務職で働いただけの私にできることなんてないよね?

 

 

2:「私はまだまだできる!」

今しかできない事と、ここでしかできない事をもっと探した方がいい。そしてあり得ないけどやってみたいとワクワクする気持ちに正直になり、その気持ちを

 

3:人を見るより「自分に集中」

人のためにと「キレイゴト」で生きてしまう女性は多い。その理由は「自分に自信がない」というのがほとんどだと思う。

私が「乳がん疑い再検査」の通知を受けた時、命の最期を目の前に感じて思ったことは「このままで終わりたくない」という思いでした。その時に「人を見る余裕」などもちろんゼロ!

私達は「まだまだできる!」命の最期を目の前にしなくては気づかなかった、自分が「いつかやろう」と思っている「いつか」は、ある日突然なくなってしまうかもしれないということ。つまり、人を見ている暇なんてないということ。

優先順位はいつでも一番を自分にする。

 

 

 

 

 

メルマガ・LINE登録はこちら


最新情報、先行案内はメルマガにて配信しています。 是非ご登録ください♡

メルマガ登録はこちら



ご質問、お問い合わせは、公式LINEアカウントからお気軽にご連絡ください。

公式LINEお友だち追加



  • この記事を書いた人

清水きよ美(働き方生き方コンサルタント)

名古屋市在住。中1娘・小5息子・夫 椙山女学園短期大学英文科卒。 準公務員として、中小企業、個人経営者の融資保証業務に従事。 出産後の働き方生き方を考え、ワークライフスタイリスト養成講座を受講。 卒業後、アシスタント経験を重ね副業で活動をスタート。モニターからスタートしこれまでに120名以上の女性をサポート。 2020年12月に会社員を卒業し、2021年4月に開業届を提出。 2021年7月にワークライフスタイリスト認定講師となり、同年10月に自身のクラス講座を開校。 現在は、メインとなるMY BRAND継続コンサルティングを中心に、単発コンサル、1dayセミナー講座を展開し、会社員を卒業してフリーランスを目指す女性のサポートを行っている。

-女性の起業
-, , , ,

Copyright© kiyomishimizu , 2022 All Rights Reserved.